MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

弁護士ドットコムとLayerXが業務提携、紙と印鑑を使わない電子契約サービスでDXを推進

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/14 08:00

 紙と印鑑を使わず、契約作業をパソコンだけで完結できる契約サービスを提供する弁護士ドットコムは、LayerXと提携。電子契約の障壁となる業務プロセスの改善に取り組む。

 Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムと、テクノロジーを活用した業務プロセスのデジタル化を推進するLayerXは、2020年5月13日に業務提携を発表した。

 クラウドサインは、紙と印鑑をクラウドに置き換え、契約作業をパソコンだけで完結することができる契約サービス。契約書をクラウド上で一元管理することで、業務の透明性が向上し、抜け・漏れを防ぎ、コンプライアンスの強化にもつながることから、法律事務所、金融機関、上場企業などで利用され、導入社数は8万社を突破している。

  一方のLayerXは、ブロックチェーン技術を基軸に、業務プロセスのデジタル化を推進してきた。コロナ禍においては、紙・ハンコ・FAXに関わる業務のデジタル化を急速に進めたいと考えている企業が増えている。今後、両社は電子契約の導入障壁となる様々な業務プロセス改善に取り組み、企業・行政機関の生産性向上と経営課題の解決につながるDXを支援する。

【関連記事】
経理担当者のテレワークをはばむ「紙とハンコ」、出社理由1位は「決算対応」
テレワークに課題はあるが、管理職の56.1%が「コロナ後も続けたい」
東京都が「テレワーク助成金」の受付延長、都内企業のテレワーク導入率は62.7%に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5