MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ポケットチェンジ、自宅にある外貨を郵送してAmazonギフト券に交換するサービス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/27 08:00

 海外旅行に行くたびに、少しずつたまっていく外貨。それらを電子マネーに交換する端末を提供しているポケットチェンジは、郵送で外貨を送るとAmazonギフト券に交換できるサービスを開始した。

 ポケットチェンジは、外国紙幣・硬貨を自国で使える電子マネーなどに交換できる専用キオスク端末を運営しており、現在全国約70拠点でサービスを提供中している。同社は5月26日、郵送型外貨交換サービス「エアポケットチェンジ」の期間限定キャンペーンを開始した。

 今回のキャンペーンは、一時的に行き場をなくしてしまっている外貨を郵送で送ることで、電子マネーへ交換するというもの。先着100名は、外貨郵送の際の送料をポケットチェンジ社が負担(送料相当のAmazonギフト券を送付)する。

 コインと紙幣の両方に対応する通貨は、アメリカドル (USD)、ユーロ (EUR)、中国元 (CNY)、韓国ウォン (KRW)。紙幣のみに対応する通貨は、タイバーツ (THB)、台湾ドル (TWD)、シンガポールドル (SGD)、ベトナムドン (VND)。

 対応通貨であっても汚れ・劣化・破損などで状態の悪いものは交換対象外となる。交換対象外のコインおよび紙幣は、ユニセフなどの団体へ寄付することから返金されない。また、企業・団体様からの申し込みは受付不可となっている。

 これらの外貨の交換先サービスとなるのはAmazonギフト券。交換レートは、外貨到着時のGoogle Financeレートで、交換手数料15%が別途かかる。

 申し込み受付期間は、2020年5月26日から6月30日(外貨送付期限: 2020年7月10日 消印有効)。

【関連記事】
ポケットチェンジ、あまった外貨を「PASMO」「Suica」にチャージ可能に
海外旅行であまった外貨を電子マネーに交換できる「ポケットチェンジ」、端末設置エリアを拡大
JALマイレージバンク会員向けの銀行サービス 「JAL NEOBANK」、円・外貨での預金が可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5