MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

夏に楽しむ汁物、「豆乳ごま坦々味」の冷や汁、益子のビルマ汁など

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/31 12:00

 夏に楽しめる汁物といえば「冷や汁」が有名だが、最近はピリ辛タイプなど、より個性的なメニューも登場しているようだ。

 気温が上がると食欲がなくなるという人におすすめなのが「汁物」。ひんやりタイプからピリ辛タイプまで今回は個性的な商品を紹介しよう。

 涼しさを感じるのに最適なのが「期間限定 冷や汁の素」。丸美屋食品工業(本社:東京都杉並区)が提案する夏メニューで販売は9月末まで。種類は「焼鯵粉入りごま味噌味」「名古屋風赤味噌味」「豆乳ごま坦々味」の3品。いずれも冷蔵庫で冷やした後、好みサイズにカットした豆腐とキュウリをのせたご飯の上にかけるだけ。うどんなど麺類のつけ汁としても使える。また、いずれも2~3人前なので、家族で楽しむのにおすすめだ。価格はすべて220円(税別、300グラム)。

 栃木・益子のローカルグルメ「ビルマ汁」はピリ辛の一品。ビルマ汁とは、先の太平洋戦争で益子からミャンマー、当時のビルマへと出征した兵士が帰国後に、かの地で食べた美味が忘れられずに再現したもの。食材は豚肉や夏野菜、味はトマトやカレー粉で整えられ、独特のピリ辛感が特徴だ。そのため、ご飯や麺類との相性も抜群。中川政七商店(本社:奈良県奈良市)の通信販売で「益子のビルマ汁(432円・税込、200グラム)」を購入して味わうことができる。

 最後に、養命酒製造(本店:東京都渋谷区)が販売するトマト仕立ての養生なべを紹介しよう。同社の「赤養なべ」は、養命酒発祥の地であり、現在も製造部門の拠点である信州・長野で展開する同地の食文化の発信施設「くらすわ」のレストランで人気の味だ。トマト仕立てでさわやかな柑橘系の風味にニンニクやバジルが効いているのが特徴。肉や野菜などをあわせて好みの具材で楽しめる。同社のオンラインショップで購入ができ、価格は680円(税込、つゆ200グラム、和漢素材6.7グラム)。

 新型コロナウイルスでライフスタイルはいつもの調子とはいかない今年の夏も、強い日差しや高温多湿の気候は例年通りだろう。ここは汁物のメニューで元気に乗り切りたいものだ。

【関連記事】
おいしい麻婆豆腐が食べたい! 本格調味料、「麻婆米」プレゼント、ローソンの新作も
世界のおいしい「炊き込みご飯」を制覇! ホタテや鶏ご飯、ビリヤニ・海南鶏飯も
ユニークな食べ方の冷たいスイーツ パンにはさむジェラートやカクテルアイスバーなど

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5