MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

PayPayのミニアプリから、ジャパンネット銀行のカードローン申込みが可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/29 12:05

 キャッシュレス決済サービス「PayPay」の「お金を借りる」アイコンをタップすることで、ジャパンネット銀行が提供するカードローンの申し込みや借り入れて手続きが可能になった。

 ジャパンネット銀行とPayPayは5月28日から、キャッシュレス決済サービス「PayPay」のミニアプリでジャパンネット銀行のカードローンを提供する。PayPayの「お金を借りる」アイコンから、ジャパンネット銀行が提供するカードローンのページへ遷移し、申し込みや借り入れの手続きができるようになる(申込後は所定の審査がある)。

 「ミニアプリ」とは、PayPayのパートナー企業が提供するサービスの予約や商品の注文、支払いなどが「PayPayアプリ」内でできる機能。

 今回のミニアプリ提供によって、PayPayユーザーは、ジャパンネット銀行との口座連携やローン審査の手続完了後、PayPayと連携したジャパンネット銀行口座で借入資金の即時受け取りが可能になる。以下は、初回手続(ジャパンネット銀行口座をすでに保有しており、カードローンを初めて申し込む場合)の流れを図解したもの。

 口座情報の連携を行ない、カードローン審査が完了すると、PayPayアプリの「お金を借りる」から借り入れの手続きが行なえる。

 ジャパンネット銀行のカードローンは、利用限度額の範囲内で、24時間365日、繰り返し借り入れ・返済が可能。使途自由で利用限度額は最高1000万円。申し込みはネットで完結し、最短60分で仮審査結果の通知があり、借入申込後は即時入金される。

 ジャパンネット銀行は、PayPayのミニアプリ「お金を借りる」経由でカードローンを申し込んだ人を対象に、100日間無利息キャンペーンを実施する。

【関連記事】
LINEの個人向けローンサービス申込者数が20万超、借りたお金の使いみち1位は「食費、日用品」
成年年齢の18歳への引き下げ、高校生の6割超がローンの利用意向「あり」
消費者の銀行カードローン利用意向は20.8%、借入は「必要があっても絶対に利用しない」が過半数

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5