MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

NTTデータがCAFIS利用料金を見直し、増加するクレジットカード・QRコードでの少額決済に対応

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/12 08:00

 ちょっとした買い物にクレジットカードやQRコードが使われるようになる中、カード会社や金融機関が負担する決済にかかる処理料を、NTTデータが見直すと発表した。

 CAFISは、NTTデータが1984年にクレジットカードの与信中継の共同利用型ネットワークとしてサービスを開始した決済総合プラットフォーム。デビットカード、電子マネー、非接触ICカード決済、QRコード決済などの新たな決済手段や、インバウンド向け海外ローカル決済などへの対応を行いながら日本のキャッシュレス推進を支援してきた。

 近年QRコード決済など新たな決済手段の利用も増えており、キャッシュレス決済が利用される価格帯は数百円レベルの少額決済まで広がっていることから、NTTデータは、2020年10月1日から、CAFISにおいて新しい料金の提供を開始すると発表した。

 新料金では、カード会社が負担する「クレジットカード取引における処理料」と金融機関が負担する「QRコードのチャージなどに利用されるCAFIS即時口座振替取引の処理料」について見直す。

 従来のCAFIS処理料は、決済金額にかかわらず1件あたり最大3.15円の料金体系となっていた。1件あたりの単価が一律であることで、少額決済では、カード会社の決済関連コストに占めるネットワーク接続料(CAFIS処理料等)の割合が大きくなっていたという。そこで、クレジットカード取引における1,000円以下の少額決済について決済金額に応じて料率にて処理料を設定する。

注3一般に「0円/1円オーソリ」と呼ばれている、加盟店がカードの有効性確認を目的として極めて少額で行うクレジットカード取引は対象外とします。注4契約約款等にて取引ボリュームに応じた単価設定を行っています。注5契約者の利用状況に応じて、現行料金と新料金のいずれを適用するかはカード会社ごとに選択できるようにします。なお、新料金(料率0.3%)を適用した場合、CAFIS処理料は決済金額100円の場合0.3円、決済金額1,000円の場合3.0円となります。

注3 一般に「0円/1円オーソリ」と呼ばれている、加盟店がカードの有効性確認を目的として
極めて少額で行うクレジットカード取引は対象外。
注4 契約約款等にて取引ボリュームに応じた単価設定を行っている。
注5 契約者の利用状況に応じて、現行料金と新料金のいずれを適用するかは
カード会社ごとに選択可能。なお、新料金(料率0.3%)を適用した場合、
CAFIS処理料は決済金額100円の場合0.3円、決済金額1,000円の場合3.0円となる。

 一方、QRコード決済については、利用者が銀行口座からのチャージを行う際、利用者とQRコード事業者の銀行口座間で即時に資金を移動する仕組みとしてCAFISのネットワークが利用されており、金融機関が処理料を負担している。このCAFIS処理料についても、QRコード決済の普及・推進を目的として以下の新料金を設定している。

【関連記事】
キャッシュレス・ポイント還元の平均決済単価、クレカは約4600円、QRコードは約1000円
クレジットカード信用供与額は11.3%増の63兆円に、1世帯の月間支払額は約7万円
ドトールコーヒー、店舗にクレジットカード決済を導入

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5