MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住信SBIネット銀行、AIとの会話で貯金をサポートするアプリ「パルトネ」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/25 09:00

 住信SBIネット銀行は、AIアシスタントがユーザーと会話しながら貯金の支援をするサービスを開始した。

 住信SBIネット銀行は6月22日、AIアシスタントがユーザーと会話することで貯金をサポートするアプリ「パルトネ」をリリースした。

 パルトネでは、一般的なチャットボットが提供している単純な一問一答とは異なり、SELFが提供する「SELF-AIエンジン」を利用して、ユーザーの回答を覚えて顧客理解を踏まえた自然な会話を実現。アシスタントがユーザーの目標を引き出して、ユーザーを励ましながら貯金をサポートする。

 貯金サポート機能では、住信SBIネット銀行の目的別口座を利用する。また、アシスタントと会話をすればするほど、レベルが上がり「きせかえ」できるアイテムが増える機能も備えている。アシスタントとの会話や「きせかえ機能」は、住信SBIネット銀行の口座を開設していなくても利用できる。

 パルトネと住信SBIネット銀行の口座を連携すると、パルトネ用の目的別口座が追加されるが、この目的別口座内の資金は引落対象とならず、代表口座に資金がない場合は口座振替などに支障が生じる場合があるなど、利用の際には注意が必要だ。

【関連記事】
finbeeでの累計貯金総額が100億円突破、コロナ感染拡大で貯金ルールに変化も
給付金10万円は「消費・支払にまわす」7割も、20代は「貯金」
「貯金ゼロ」の割合が最も高いのは「40代」の23.2%、「20代」は18.6%【20~40代の金銭感覚調査】

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5