MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「PayPay」のSMS認証機能のセキュリティー強化、偽物の入力画面か判別可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/25 08:00

 PayPayは、SMS認証の際に、数字とアルファベットの組み合わせで行う認証機能を導入。フィッシングサイトなどの偽物の入力画面かどうかをユーザーが判別しやすくする。

 PayPayは6月24日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」の新規登録時やユーザーが新たなデバイスから再度ログインする際などに行っているSMS認証機能のセキュリティーを強化したと発表した。

 新たに導入したSMS認証機能は、数字とアルファベットの組み合わせで行うもので、SMSで送られる4桁の認証コードの前に2文字の無作為のアルファベットがついている。実際に認証コードを入力する画面にもSMSに記載されたアルファベットが入っており、SMSで送られる認証コードと認証コードを入力する画面に表示される2文字のアルファベットを見比べることで、ユーザーは、フィッシングサイトなどの偽物の入力画面かどうかを判別することができる。

 PayPayが新たに開発した数字とアルファベットの組み合わせで行う認証機能は現在特許出願中。主要なQRコード決済サービス(総務省統一QR「JPQR」普及事業2020年度参加決済事業者18社。2020年6月5日時点)のアカウント登録時の安全対策としてこの機能が搭載されるのは今回がはじめて。

【関連記事】
新型コロナで詐欺被害が急増、給付金関連やEC事業者をかたるフィッシング詐欺に注意
SMS経由のフィッシング詐欺が増加、その巧妙な手口とひっかからないための対処法とは
PayPay、オンラインでの診療や服薬指導の支払いで利用可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5