MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

メルペイとd払いが共通コードで利用可能に、それに先駆けてメルペイ加盟店決済手数料が8月から2.6%に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/03 09:00

 9月初旬から、「メルペイ」と「d払い」で共通QRコードでの決済利用が可能になる。これにともない、8月1日からメルペイ加盟店向け決済手数料を1.5%から2.6%に変更する。

 メルペイとドコモはスマホ決済領域で連携し、9月初旬から、「メルペイ」と「d払い」の両スマホ決済サービスにおいて共通QRコードでの利用を開始する。店舗が提示するコードを利用者が読み取るMPM方式での対応になる。

 これにともない、8月1日から「メルペイ」の加盟店向け決済手数料を従来の1.5%から2.6%に変更。共通QRコードの利用に先駆け、新たな手数料体系での申込受付を7月1日から開始する。

 また、決済手数料を実質無料とするキャンペーンを2020年9月1日から2021年6月30日まで実施する。キャンペーン期間中は、「メルペイ」「d払い」共に、通常の決済手数料(2.6%)を実質無料とする(キャンペーン実施期間中、「メルペイ」および「d払い」の決済手数料の請求は行なわない)。

 対象となる取引は、メルペイが提供する「店舗用アプリ」または「お客さま読み取り式」でのメルペイ「コード決済」、「d払い」での取引で、ネット決済・iD決済での利用は対象外。

 このほかにも2020年7月末から、加盟店への入金手数料(200円)の無料条件を入金額10万円以上から1万円以上に引き下げ、さらに加盟店の利便性向上につなげたいとしている。

【関連記事】
メルカリで「dポイント」が利用可能に、購入金額の20%還元キャンペーンも
郵便局がキャッシュレス決済を8500局に拡大
マイナポイントに登録したいキャッシュレス決済1位は「PayPay」【申し込み開始直前調査】

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5