MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

セゾン投信、「使いながら増やす」定期換金サービス、換金方法は「定口」と「定額」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/06 09:20

 セゾン投信は、長寿社会に適したマネープランの実現のために「使いながら増やす」というコンセプトで定期換金サービス「セゾン定期便」を開始した。

 従来の資産運用では、リタイヤ期にリスク資産をすべて一括解約して預金等の安全資産にシフトし、そこから少しずつ取り崩すというスタイルが一般的だったが、セゾン投信は、新たに「使いながら増やす」コンセプトを提案し、生涯投資を支援するため、2020年7月5日から定期換金サービス「セゾン定期便」を開始した。

「セゾン定期便」は、長期間積み上げてきた投資信託を定期的に換金し、顧客の口座へ振り込むサービス。これによって、入口(定期積立)だけでなく、出口(定期換金)までを一貫してサポートする。

 定期的に換金する主な方法として、「定額」「定率」「定口」が挙げられるが、セゾン投信の場合は「定口解約」を推奨。サービス導入当初は「定口」と「定額」という2つの解約方法を提供する。

 「定口」は受け取る期間の明確化、「定額」は、受け取る金額の明確化ができる。対象銘柄は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」。

 セゾン投信は先の見えない長寿社会において、まずは将来のキャッシュフローの「見える化」を目的とし、これらの仕組みを提供するとしている。

【関連記事】
「セゾン資産形成の達人ファンド」運用資産総額が1000億円突破
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」純資産総額がはじめて2000億円を突破
楽天証券、投資信託を計画的に取り崩して現金を受け取れる「定期売却サービス」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5