MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

5月の国内旅行の総取扱額は81.7億円、4月の141.9億円からさらに落ち込み

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/18 11:50

 観光庁は7月17日、主要旅行業者に聞き取り調査を行い、旅行取扱状況速報(令和2年5月分)を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による旅行の延期や中止の影響などによって、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月と比べ大幅に減少している。

 5月の総取扱額は、海外旅行が13億5,850万円(対前年同月比1.0%)、外国人旅行(日本の旅行会社によるインバウンド向け旅行の取り扱い)が3,924万円(対前年同月比0.2%)、国内旅行が81億7,561万円(対前年同月比3.4%)。

 観光庁が6月19日に発表した、令和2年4月分の主要旅行事業者の旅行取扱状況速報では、国内旅行の総取扱額は141億9,515万円(前年同月比6.4%)だったが、ここからさらに大きく落ち込んでいる。

 旅行商品ブランド(募集型企画旅行)の5月の取扱状況のうち、取扱人数を見ると、海外旅行は37人、外国人旅行はゼロ、国内旅行は28,723人だった。

 主要旅行業者47社・グループの旅行取扱状況をまとめた旅行取扱状況速報 各社別内訳(令和2年5月分)における、国内旅行の取扱金額上位20社は以下のとおり。

【関連記事】
国内旅行、行くなら10月?「Go Toトラベルキャンペーンを利用したい」87.5%
今年のボーナスを貯蓄・資産形成に回す人は56.2%、旅行に使う人は激減
アジア各国で「安全なら訪日旅行したい」、早い時期の訪日を希望したのは「香港」と「中国」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5