MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東京海上日動、テイクアウトやデリバリーを提供する飲食店向け総合補償プラン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/22 08:00

 東京海上日動は7月21日、飲食店が加入できる「テイクアウト・デリバリー総合補償プラン」の販売を開始すると発表した。

 このプランは、テイクアウト(持ち帰り)やデリバリー(出前・宅配)によって提供した飲食物が原因で食中毒が発生した際の第三者への賠償に備える補償や、SNS上での根拠のない悪評について弁護士に相談する際にかかる費用など、幅広いリスクに対して包括的な補償を提供する。

 補償するのは「食中毒に関するリスク」「顧客とのトラブルに関するリスク」「配達中のリスク」の3つ。この中から、必要な補償を提供する商品を選んで加入することができる。

 「配達中のリスク」に対応する商品のうち「超Tプロテクション」は、業務災害総合保険で、従業員がこうむった業務上の災害について企業・個人事業主に負担が生じるさまざまな損害を補償する。

【関連記事】
ローソン、大阪でも「Uber Eats」導入、飲料や揚げ物、乾電池やばんそうこうが人気
スターバックスが怒涛のデジタル施策、待たずに買える「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」も
飲食店への客足は回復基調、「出来たての料理を食べたい」「店の雰囲気を感じたい」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5