MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

bitFlyer、ブラウザ上の広告視聴で暗号資産が付与される「Brave」とウォレットを共同開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/31 09:00

 暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyerは、4月9日にBraveブラウザ上で流通する暗号資産「BAT」の取扱いをスタート。bitFlyerとBrave Softwareは7月9日に業務提携に関する基本合意書を締結し、bitFlyerはBraveブラウザの暗号資産ウォレット領域における日本初のパートナーになった。

 そして7月30日、bitFlyerとBraveブラウザを提供する米Brave Softwareの子会社で、ブロックチェーン関連業務を行うBrave Software International SEZCは、Braveブラウザ内で使用できる暗号資産ウォレットを共同開発すると発表した。サービスの提供開始後、bitFlyerアカウントを持つ人は、Braveブラウザ上でbitFlyerアカウントとの連携が可能になる。

 これによって、Braveブラウザ上の広告視聴などによって暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)を受け取り、そのBATをbitFlyerで売却可能になる。また、bitFlyerで購入したBATをBraveブラウザ上で利用可能になる。このサービスの提供は、2020年11月頃を予定している。

 付与されたBATはBraveブラウザ上でコンテンツ制作者にチッピング(投げ銭)したり、bitFlyerで売却して日本円に換金することができる。

 Brave Softwareは、JavaScriptの生みの親で、Mozilla(Firefox)の共同創設者でもあるBrendan Eichと、元Khan Academy、MozillaのBrian Bondy氏によって共同創設された。Braveブラウザでは、ユーザーはプライバシー重視型の広告にオプトインし、広告を表示するとトークンを受け取ることができる。同ブラウザは、1,500万人以上の月間アクティブユーザーと70万人以上の認証済みパブリッシャーを抱えている。

【関連記事】
楽天ウォレット、暗号資産証拠金取引を今春スタート
マネックス証券、暗号資産CFD(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)の取扱いをスタート
Nayuta、スマホでビットコインのフルノードが動かせるライトニングウォレット、SPVモード併用も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5