MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ZHDの金融サービスを「PayPay」ブランドに統一、ジャパンネット銀行は「PayPay銀行」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/03 10:00

 Zホールディングスは、今年の秋以降に傘下の金融サービスを「PayPay」ブランドに統一すると発表した。

 ヤフーは、ソフトバンクグループとソフトバンクを含む3社でPayPayに共同出資し、スマホ決済サービス「PayPay」の累計ユーザー数は6月時点で3,000万人を突破している。さらにヤフーは、自社のオンラインサービスにPayPay決済を導入し、PayPayを使った特典の付与、さらに、eコマースサービス「PayPayフリマ」、「PayPayモール」の開始などを展開してきた。

 ヤフーを傘下に持つZホールディングス、およびZフィナンシャルは7月31日、Zホールディングスの傘下、または同社が出資する金融事業会社6社の社名、およびサービス名を2020年の秋以降に「PayPay」ブランドに統一すると発表した。

 Zホールディングスのグループ企業は、検索、eコマース、決済、旅行など、「調べる」「買う」「支払う」「予約する」といったユーザーのアクションを促す数多くの「場」を提供している。同社はこれらの「場」において、ユーザーがアクションを起こす際のニーズに沿った最適な金融商品もあわせて提案する「シナリオ金融」構想の拡充を目指している。

 今後はさらにPayPayとの連携を強化し、PayPayが掲げる「スーパーアプリ化」構想の実現に向け、PayPayアプリにおいて「ローン」や「保険」といった金融サービスの提供を拡充していく予定だ。また、今秋にはPayPayカードのキャンペーンをはじめ、ブランド統一にあわせた各種キャンペーンを順次実施する。

【関連記事】
「PayPay」登録ユーザー数3000万人突破、決済金額の最大20倍が戻ってくるキャンペーンを展開
インスタグラムで事前注文サービス「PayPayピックアップ」が利用可能に
PayPayミニアプリでポイント運用ができる「ボーナス運用」の運用者数が100万突破

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5