MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

セブン&アイHD、米コンビニ兼ガソリンスタンド「Speedway」を2.2兆円で買収

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/04 09:00

 セブン&アイ・ホールディングスの連結子会社7-Eleven,Inc.は、米Marathon Petroleum Corporationのコンビニエンスストア事業と燃料小売事業を運営する複数社の株式その他の持分を取得する契約を締結したと発表した。

 取得価額は、210億ドル(2兆2,176億円)。契約締結日は2020年8月3日、取得日は2021年第一四半期を予定している。

 2020年3月末現在、北米事業とグループ全体のグローバル展開を牽引する7-Eleven,Inc.は9,802店舗を運営。一方、Marathon Petroleum Corporationは主に「Speedway」ブランドで、米国において約3,900店の比較的規模の大きいコンビニエンスストア兼ガソリンスタンドを運営している。

 セブン&アイ・ホールディングスは、北米市場においては未だ主要プレイヤーによるシェア獲得が進んでいないことから、同市場での店舗ネットワークの拡大が7-Eleven, Inc.の中長期的な成長を下支えするエンジンとなると考え、これまでも有望な投資機会を検討してきた。今回の買収によって、7-Eleven, Inc.は米国の人口の多い50の都心部のうち47の地域に店舗網を保有することになる。

【関連記事】
伊藤忠商事らファミリマートを完全子会社化、ビジネスモデルの変革を目指す
コンビニ店舗数が12月にはじめて減少、中華まん・からあげ・おでんも伸び悩み
セブン‐イレブン・チャージ等を減額、加盟店利益は平均50万円改善、本部利益には約100億円の影響

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5