MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

最も使用しているクレジットカードは「はじめて作ったカード」、10代・20代の8割

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/13 08:00

 テスティーは、Z世代を対象に「電子マネー」「クレジットカード」に関する調査を実施した。

10代・20代と電子マネー

 テスティーは、10〜20代の男女1,290名を対象に「電子マネー」「クレジットカード」についての調査を行い、その結果を8月3日に発表した。

 普段利用している支払い方法を聞いたところ、両年代ともに「現金」と回答した人が最も多く10代で90.5%、20代で84.8%となった。以下、2位は10代が電子マネー、20代がクレジットカード、3位は10代がスマートフォン決済、20代が電子マネーとなった。

 電子マネーがこれからさらに普及してほしいかどうかを聞いたところ、「普及してほしいと思う」と回答した人は10代では81.5%、20代では81.2%。

 電子マネー利用について不安があるかについては、「不安がある」と回答した人は10代では42.5%、20代では43.0%となった。自由回答ではお金を使っているという実感が薄く、使いすぎてしまうこと、情報流出や盗難時の他人の悪用などへの懸念が挙がっている。

最も使用しているクレジットカードは「はじめてのカード」

 一方、18〜24歳の男女1,506名にクレジットカードについてたずねたところ、男性では60.4%、女性では67.6%と6割以上の人が「クレジットカードを所持している」と回答。

 クレジットカード所持者を対象にクレジットカードをはじめて作ったタイミングを聞いたところ、男女共に「支払いに必要になったとき」という回答が最も多く、男性では35.0%、女性では33.2%という結果になった。

 さらに、クレジットカードを所持している人を対象に、現在最も使用しているクレジットカードははじめて作ったカードと同じものかどうか尋ねると、「はじめて作ったカードと同じ」と回答した人は男性では80.8%、女性では74.8%と男女ともに約8割という結果になった。

 クレジットカードを所持している枚数については、「1枚」という人は男性47.5%、女性50.2%、「2枚」と答えた人は男性35.5%、女性29.7%となった。

【関連記事】
セブン‐イレブン、店員にクレジットカードを渡さずに決済可能に
郵便局がキャッシュレス決済を8500局に拡大
SBIとSMBCが資本・業務提携、若年層向けスマホ証券や相続ビジネスで連携

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5