MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

カンム、セブン銀行から11.3億円の資金調達、「バンドルカード」のインストール数は250万を達成

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/13 09:00

 カンムは、11.3億円の資金調達を完了し、累計調達金額は約44.3億円に達した。また、「バンドルカード」のインストール数も250万を達成している。  

 2011年1月創業のカンムは、2016年9月にオンライン決済サービス「バンドルカード」をローンチ。バンドルカードは、最短1分で発行可能な、チャージ式のVisaブランドのプリペイドカード。スマートフォンアプリに表示してネットショッピングで使える「バーチャルカード」のほか、国内外で利用できるプラスチック製カードの「リアル」「リアル+(プラス)」が発行できる。

 同社の発表によると、バンドルカード専用アプリは6月末時点で250万ダウンロードを達成している。

 またカンムは7月31日にセブン銀行から11.3億円の第三者割当増資を実施。創業以来の資金調達は累計約44.3億円に到達した。これによって、バンドルカード会員の獲得を強化するほか、2020年12月にリリースを予定している新プロダクト(「投資×決済」をテーマにした個人向け金融サービス)の開発に投資する。

 既存株主(ISGS、アドウェイズ、ANRI、イーストベンチャーズ、クロノスファンド(現アントレプレナー株式会社)、TLMおよび有安伸宏氏、梅田裕真氏を含めた個人投資家5名と創業者)の構成に変更はない。

【関連記事】
テクノロジー企業の成長率1位はオーストラリア「WithYouWithMe」、日本では「カンム」がトップ
Visaプリペイドカードがすぐに発行できる「バンドルカード」アプリ、200万ダウンロード突破
コロナで高まる「現金を触ることへの抵抗感」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5