MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

2月以降に副業を始めた人の3割が本業では「管理職」、コンサルタント、マーケターなどが専門スキルを活用

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/17 11:00

 ランサーズは、クラウドソーシング仕事依頼サイト「Lancers」に2020年7月31日時点で登録している副業・複業者を対象に「在宅勤務推奨時における副業・複業者のサービス利用状況調査」を行なった。回答者は「Lancers」に登録する副業・複業者1,490人。調査期間は、2020年7月22日~8月2日。

 副業・複業を開始した時期についてたずねると3割が新型コロナウイルスの感染が拡大し、在宅勤務が推奨された2020年2月以降に副業・複業を開始したと回答した。

 2月以降に副業・複業を開始した理由としては、「収入減少のため」が最も多く14.5%、2番目が「スキルアップのため」9.2%、3番目が「1つの会社を頼る働き方に不安を覚えたから」8.5%となった。

 また、今回の調査では、2020年2月以降に仕事を開始した副業・複業者の約3割が本業で働く会社で役職についていることが明らかになった。

 本業で役職についている登録者は、エンジニア、コンサルタント、マーケターといった専門職種で副業・複業を行っている割合が全体の平均と比較して高く、特にコンサルタントは平均の2倍以上となっている。本業で培った専門知識を副業・複業でも活用していることがうかがえる結果となった。

【関連記事】
「副業すぐに始めたい」未経験者の24.5%、収入は月5万~10万円未満が最多
仕事満足度が高い人ほど「副業」に意欲的【副業1万人調査】
ネット副業は「1日1時間未満」が6割 男性は「投資」、女性は「クリエーティブ系」が人気

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5