MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINEの独自暗号通貨「LINK」、取扱い開始から6日で購入額1億円を突破

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/18 08:00

 LINEグループが運営する暗号資産取引サービスで、LINE独自の暗号資産「LINK」の購入額が1億円を突破した。

 LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCは、暗号資産取引サービス「BITMAX」において、LINE独自の暗号資産「LINK」の購入額が、8月6日の取扱い開始から6日目の8月11日に1億円を突破したと発表した。

 LINKは、LINEが独自に開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」を用いて発行された暗号資産で、サービス成長に貢献したユーザーに向けたインセンティブとして、還元する目的で誕生した。

 2018年、日本を除くグローバル向け暗号資産取引所で先行して取扱いを開始していたが、2020年8月6日から国内向け暗号資産取引サービス「BITMAX」においても取扱いをスタート。

 BITMAXはLINEからアクセスできる手軽さ、少額での取引が可能、「LINE Pay」連携でスピーディに入出金できるといった特徴があり、8月6日〜12日の7日間に新規でBITMAXに登録したユーザー数(BITMAXの利用規約に同意したユーザー数)は1万人を突破。

 LINEグループでは、「LINEの暗号資産『LINK』日本初上場キャンペーン」を8月6日から9月4日まで開催している。

【関連記事】
LINEの暗号通貨「LINK」の国内での取扱いスタート、法定通貨への交換もOK
LINEの暗号資産取引サービス「BITMAX」、LINEのオープンチャットで会話が可能に
LINE、国内向け仮想通貨サービス「BITMAX」、新たなエコシステムの実現へ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5