MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ファミペイが初の大幅リニューアル、クーポン配信数を増やす

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/03 08:00

 ファミリーマートは、バーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」の提供を2019年7月にスタート。買い物の際に利用できるクーポン、ポイント、決済を含めたオールインワンのアプリとして、ダウンロード数は600万ダウンロードに迫る勢いとなっている。同社はサービス開始以降、ユーザーから寄せられた声をもとに、初の大幅なリニューアルを9月5日に実施する。

 2020年9月から、ドリンクなどのクーポンをこれまで以上に配信。ホットスナックやスイーツなどの割引クーポンを全ファミペイ会員に対し、毎月一人当たり5枚以上配信する(会員登録時期によってクーポン枚数は異なる)。

 ファミペイスタンプの対象となる商品も拡大。対象カテゴリの商品を1個購入ごとに1個スタンプが押され、10個貯まると対象商品の税込100円引きクーポンに引換ができるようになる。対象カテゴリは、おむすび、パン、スイーツ、中華まん。スイーツについては、ヨーグルトやゼリーなど一部対象外の商品もある。対象期間は2020年9月8日~2021年2月15日。

 アプリのホーム画面は、起動後最初に表示されるホーム画面によく使われている機能を集約し、新商品やお得情報へのバナーを配置して使い勝手を向上。取得した各クーポンの種別(割引や引換など)を見やすくするためラベル付けするほか、有効期限の迫ったクーポンを赤字で強調表示する仕様に変更する。

 そのほかにも、キャンペーンやFamiPay払いで還元されたFamiPayボーナスを、自動的に使用される仕様に変更し、使用期間が限定されたFamiPayボーナスを追加。QRコードの表示・読取り機能を追加し、2020年10月以降順次、ファミリーマート以外のお店でFamiPay払いが可能になる。

【関連記事】
伊藤忠商事らファミリマートを完全子会社化、ビジネスモデルの変革を目指す
ファミリーマートが「メルペイ」を店舗に導入、6月には「メルカリ」で「FamiPay」を利用可能に
ファミリーマート、加盟店契約時に必要な資金を300万円から150万円に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5