MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ドコモ、利用店舗で新型コロナのクラスターが発生すると「d払い」アプリに通知

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/04 10:00

 ドコモは、スマホ決済サービス「d払い」アプリを利用した店舗で新型コロナウイルスのクラスターが発生すると、アプリに通知するサービスを提供すると発表した。

 ドコモが提供するスマホ決済サービス「d払い」は、2020年9月1日から、東京都の新型コロナ・テックパートナーとして、「東京版新型コロナ見守りサービス」を提供する事業に参画する。

 今後、ユーザーが「d払い」を利用して決済した東京都内の加盟店舗などで新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合、ユーザーの決済履歴に基づき、店舗名とクラスター発生日時などの情報を通知で知らせる。サービスの提供開始時期は未定。決定次第「d払い」アプリや「d払い」サイトなどで発表する。

 このサービスでは、ユーザーが事前にクラスター発生情報に関する通知に同意した場合に限り、利用者に通知を行う。通知を受け取る設定を事前に行い、東京都内の対象店舗での買い物代金を「d払い」アプリで支払いをしたdポイントクラブ会員が通知の対象となる。このサービスへの登録の有無、クラスター発生情報の通知を行った事実を含め、ユーザーの個人情報が東京都に提供されることは一切ないとしている。

 このサービスは、ワクチンが開発されるなど、新型コロナウイルス感染症が収束した段階で提供を終了する予定だ。

【関連記事】
「ドコモ アフィリエイト」はじまる、ドコモの商品・サービスの紹介で成果型報酬
7月のアルバイト平均時給は1073円、コロナ禍で職場探しは「安全・近場・短時間」を重視
ファミペイが初の大幅リニューアル、クーポン配信数を増やす

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5