MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友銀行(中国)有限公司、中国のクロスボーダー人民元決済システム「CIPS」に接続

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/08 10:00

 三井住友銀行(中国)有限公司は、中国のクロスボーダー人民元決済システム「CIPS」に接続し、CIPSでの決済を開始した。

 三井住友銀行の全額出資子会社である三井住友銀行(中国)有限公司は、2020年9月7日から、中国のクロスボーダー人民元決済システムである「Cross-border Interbank Payment System(CIPS)」に接続し、CIPSでの決済を開始した。

 CIPSは、人民元建ての貿易・投資に関する決済を促す金融インフラとして中国人民銀行が導入した、中国のオンショア・オフショア間のクロスボーダー人民元決済を行なう決済システム。

 今回の接続によって、従来の決済手段に加えて、CIPSを活用した顧客の決済ニーズに対応することが可能となる。

【関連記事】
MUFGバンク(中国)、中国銀行間債券市場での決済代理人資格を邦銀ではじめて取得
三井住友銀行、初の「パンダ債」を起債
SBIアセットマネジメントが中国でQFIIライセンス取得、人民元建てファンドを設定へ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5