MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天証券、国内株式手数料の「大口優遇」条件を緩和、投信の1か月平均残高が5千万円→3千万円以上など

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/15 09:00

 楽天証券は、2020年9月28日の取引分から、国内株式の取引手数料「超割コース」における「大口優遇」条件を大幅に緩和する。

 「超割コース 大口優遇」では、これまで5,000万円以上が達成条件だった信用取引の1日の新規建て約定金額の合計額や、投資信託の1か月平均残高などを、3,000万円以上に引き下げ、達成条件を大幅に緩和する。「大口優遇」の達成条件は以下のとおり。「超割コース」を選択している人が、以下いずれかの条件を1つでも達成すると「大口優遇」が3か月間適用される。

 「大口優遇」の条件を達成したユーザーには、以下のようなポイントバック特典や、現物取引手数料最低0円、すべての信用取引手数料0円が適用される。

【関連記事】
楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」預金残高が2兆円突破
楽天証券、9月にバイナリーオプション提供へ、ポイントで取引可能
楽天証券が「貸株サービス」拡充、保有株式を信用取引の担保にして貸株金利が受取可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5