MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野村総研、非金融業者が少額短期保険を開発するためのパッケージを提供

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/17 09:00

 野村総研は、プラットフォーマーなど保険会社以外の企業が少額短期保険を開発・提供するためのパッケージ「InsDirect/MP」の提供を開始した。

 デジタル化の進展によって個人の行動や嗜好を把握しやすくなったことから、個人ごとのリスクの度合いやニーズに応じて、必要なタイミング、必要な分だけ保障・補償を受けることが可能になってきた。これによって、さまざまなミニ保険が登場している。

 こうした流れの中で、従来は、保険会社から保険商品の供給を受ける方式が主だったが、小売業やプラットフォーマーと呼ばれる企業などの非金融事業者が自ら少額短期保険業者として参入するケースも増えている。

 野村総合研究所は、保険会社以外の企業(非金融事業者)が少額短期保険(ミニ保険)を開発・提供するためのパッケージ「InsDirect/MP」の提供を開始した。

 このパッケージによって、保険商品の開発から、見積もり提案、契約手続き、事故対応、保険金支払い、契約保全に至る一連の保険業務のプロセスを一気通貫で実現。「ネット完結型」「代理店・営業職員介在型」「アフィリエイト型(インターネットを利用した広告から保険会社のサイトへ誘導し、成果報酬を受けるビジネス形態。保険比較サイトなど)」など、さまざまな保険販売形態に対応している。

 また、従来の保険システムは、算出方法書や約款、業務フローをもとにシステム設計を行っており、商品と業務が一体で実現されているため、新商品の開発や改定を難しいものにしていた。このパッケージでは「商品管理と、見積もり・契約・保全等の業務を分離」「保障・補償を部品化し、組み合わせることで商品を組成」することで、システム導入作業の効率化と、システム改修に伴う影響調査の確認作業の軽減を実現。保険契約者のニーズを確認しながら、機動的に商品戦略、営業戦略を立案・修正することが可能となっている。

 保険商品のマーケティング・販売に際しては、従来の代理店や営業職員だけでなく、フィンテック、インシュアテックのサービス事業者、商品の購買や各種のサービス提供を担う非金融事業者などと連携する必要がある。「InsDirect/MP」では、インターネット標準のAPIを提供。ミニ保険の導入時および改定時の作業を軽減し、性能要件の増大に伴う拡張も容易である点が特徴となっている。

【関連記事】
J:COMが「ジェイコム少額短期保険」を設立、今秋にも保険募集スタート
第一生命が少額保険に本格参入、若者向けに新たなデジタル完結型保険を提供
LINE、企業から1日分の保険がもらえる「REWARDほけん」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5