MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

携帯電話会社のポイントの使いみち1位は「携帯料金へ充当」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/28 08:00

携帯電話サービス、総合満足度1位はドコモ

 J.D. パワー ジャパンは、2020年の携帯電話サービス顧客満足度調査の結果を発表した。調査は2020年7月にインターネット調査で行われ、26,955人の回答をもとに分析。その結果、総合満足度ランキング1位はNTT docomoで、2015年以来の総合満足度第1位となった。2位はau、3位はSoftBankだった。 

 携帯電話(スマートフォン)端末で利用しているサイトやサービスをまとめたのが以下のグラフである。最も利用されているのは「SNS」73%で前年の71%から2%増加。続く「インターネットショッピング」67%は昨年の60%から7%増加。3位は「地図/路線検索」の63%だが、こちらは昨年の64%から1%減少している。そのほか、昨年と比較して増加しているのは「動画サイト/映像視聴サービス」54%(昨年48%)、「ゲーム」43%(昨年37%)などとなっている。また、2020年は「Web会議サービス」「オンライン学習・教育」「オンライン診療」についてもはじめて聴取している。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が呼びかけられていた期間における携帯電話利用への影響についてたずねると、「携帯電話のデータ通信使用量が従来よりも増えた」は18%。約2割のユーザーでスマホのデータ通信が増加している。しかし、「契約データプランをより上限量の大きいものに変更した/利用料金が上がった」というユーザーは5%と少なく、多くが契約範囲内での利用にとどまったようだ。また「携帯電話を外で利用する時間が減り、データ通信使用量が従来よりも減った」と回答したユーザーも15%いた。

携帯のポイント、何に使ってる?

 現在の携帯電話会社に加入してから3年超が経過しているユーザーを対象に、「以前と比べて利用料金がお得になってきたか」「以前と比べて料金プランが分かりやすくなってきたか」をたずねたところ、昨年と比較して、割安感や料金プランのわかりやすさを実感しているユーザーが増加している傾向が見られた。

 携帯電話各社が提供しているポイントプラグラムについては、「ポイントの使い先が豊富・充実している」「ポイントを貯める方法が豊富」「自分はポイントプログラムを有効活用できていると思う」といったことに対して、肯定的なユーザーが昨年から増加している。

 ポイントの利用先としては、「携帯電話関連料金へ充当」が36%と最も多く、続いて「コンビニ/スーパー」や「インターネットショッピング」での利用が多くなっている。

 しかし、4割強のユーザーはポイントプログラムを有効に使えていないと感じており、アプリでのポイントや履歴の確認のしやすさについても25%のユーザーが「しにくい」としている。

【関連記事】
auのポイントは「Ponta」へ変更、ためる・使うと有効期限を1年延長
メルカリとドコモが業務提携、大勢が決まりつつある決済領域で国内最大規模の勢力に
「ポイントだから試したい」、ポイント投資ユーザーはリスク選好的な銘柄にも関心

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5