MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

星野リゾートが中国進出、天台山に「星野リゾート 嘉助天台」を開業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/14 09:00

 国内外に45施設を運営する星野リゾートは、2021年春、中国浙江省の天台山に「星野リゾート 嘉助天台(かすけてんだい)」を開業する。

 この施設は、星野リゾートが中国大陸ではじめて運営する施設で、海外では、バリ島・ウブドの「星のやバリ」、台湾・台中の「星のやグーグァン」、ハワイ州・オアフ島の「星野リゾート サーフジャック ハワイ」に続き4軒目となる。

 天台山地区は年間約2,000万人が訪れる観光地で、中国の「国家5A級観光地(中華人民共和国国家観光局が定める各地の観光地の等級で、5Aは最高等級)」とされている。

 この地区は中国十大霊山のひとつで、仏教の天台宗発祥の地、道教ゆかりの山として知られている。標高1,200メートル前後の諸峰の谷間には、寺院が点在し、そのひとつ「国清寺」は中国天台宗発祥の地として、古くから仏教信仰を集めている。日本の天台宗開祖である伝教大師最澄は平安時代に入唐した際、天台山に入り、国清寺で天台教学を受け、後に比叡山延暦寺にて日本の天台宗を開いた。

 季節の移ろいを感じられる四季折々の豊かな自然も特徴で、石梁の滝や華頂山国家森林公園、瓊台仙谷(けいだいせんごく)などの景勝地がある。標高の高い場所で育つ、高山雲霧茶や柑橘、約1,000種類の漢方薬などの名産もある。

 星野リゾートは、独自の運営の仕組みを活かし、非日常的な滞在を提供するリゾートを目指す。

【関連記事】
野村ホールディングスが中国で証券会社設立、富裕層個人向けビジネスに着手
日本のお城に泊れる! 常設のキャッスルステイ施設が2020年長崎に登場
米国の富裕層でクレジットカード会社の満足度が低下、旅行に行かないならカードを変えるべき

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5