MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マネックス証券、国内株式取引手数料を引き下げ、11月2日から

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/26 08:00

 マネックス証券は、2020年11月2日約定分から、一日定額手数料(現物取引・信用取引の合算)および取引毎手数料(信用取引)を引き下げると発表した。

 マネックス証券の国内株式取引手数料は、取引ごとに手数料を計算する「取引毎手数料コース」と、1日の約定金額の合計額に対して手数料を計算する「一日定額手数料コース」の2種類から選ぶことができる。

 現状の一日定額手数料(現物取引・信用取引の合算、税込)は、1日の約定金額合計300万円ごとに2,750円となっているが、11月2日以降は、1日の約定金額100万円以下の場合は取引手数料が550円に引き下げられる。

 また、取引毎手数料(信用取引、税込)は1注文の約定金額ごとに設定されているが、100万円以下については、以下の表のように11月2日以降、引き下げられる。

 マネックス証券は、国内株式取引手数料の引下げを記念して、一日定額手数料コースの利用者で、一日の約定金額合計50万円以下の利用者の手数料を全額(税抜)キャッシュバックするキャンペーンを2020年11月2日~2021年1月29日(約定日ベース、予定)に実施する。

【関連記事】
楽天証券、国内株式の1日の取引金額100万円以下の手数料を無料に、12月から
マネックス・ゴールドの手数料が2.5%から1.5%に引き下げ
SBI証券、株式委託手数料を1日の約定代金合計額100万円まで無料に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5