MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

カンボジア国立銀行と日本のソラミツが開発した中央銀行デジタル通貨「バコン」が正式運用スタート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/29 08:00

 2019年7月からカンボジア全土でパイロット運用が開始され、中央銀行賞を受賞したブロックチェーンベースの中央銀行デジタル通貨「バコン」システムが、カンボジアのリテール決済および銀行間決済の基幹システムとして2020年10月28日、正式運用を開始した。

 バコンは、デジタル化されたカンボジアリエル(KHR)または米ドル(USD)を使用し、即時および最終的な取引を可能にする中央銀行デジタル通貨システムで、カンボジア国立銀行と日本のフィンテック企業ソラミツが共同開発した。

 バコンは、従来の決済システムと連携してシームレスかつ安全に機能し、2020年第3四半期の時点で、カンボジア全土の18の金融機関がすでに採用している。バコンのスマートフォンアプリを使用すると、カンボジア国内の電話番号を持っている人なら誰でも、デジタルリエルまたは米ドルのウォレットを保有し、電話番号を指定またはEMVCo互換のQRコードをスキャンして個人間や法人間での送金を行い、店頭などでの支払いを行うことができる。

 カンボジア国立銀行はプロジェクトバコンを2016年に発足し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討をスタート。プロジェクトの目的は、デジタル決済システムが金融機関の効率を改善し、負担を軽減し、自国通貨であるリエルの使用を促進することだが、最も重要だったのは、金融サービスが行き届いていないカンボジア人の金融包摂を強化する可能性を探ることだった。

 カンボジア国立銀行はこれらの目的を達成するには、リテールCBDC、つまり日常の市民の利用と大規模なトランザクションである銀行間(ホールセール)決済のために設計された法定通貨で裏打ちされたデジタル通貨だと考えた。

 ブロックチェーン(DLT)は、このようなシステムを実装するための最も有望な方法と見なされており、2017年、カンボジア国立銀行はソラミツが開発に貢献しているThe Linux Foundation Hyperledger Projectの「ハイパーレジャーいろは」を、リテールCBDCの開発に最適なブロックチェーンとして選択し、共同開発を行った。

 マクロ経済の観点から、現在のところバコンは中立であり、デジタルリエルは現金に取って代わるものではなく、利子もない。すべてのデジタルリエル・ウォレットは従来の銀行口座に裏打ちされているため、取り付け騒ぎと流動性リスクは最小限に抑えられる。

 バコンは多要素認証の本人確認システムをサポートしており、エンドユーザーはSMS検証を使用して少額決済が可能なバコン口座を開くことができる。ただし、高額決済が可能なバコン口座の開設には、アプリを使用または銀行の支店で政府IDを登録し、厳格な本人確認を行う必要がある。

【関連記事】
日本銀行が示した「中央銀行デジタル通貨(CDBC)」への取組方針、「現金と共存・補完するもの」
アクセンチュア、米商品先物取引委員会の元委員長と「デジタルドル」プロジェクト始動
日銀副総裁、「デジタル通貨」発行の可能性、「現金をなくすこと」のインパクトを語る

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5