MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

フロリダ州、米国初のモバイル運転免許証を導入、来年から申請スタート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/30 08:00

 フランスに本社を置くデジタルセキュリティ企業のタレスは、フロリダ州高速道路安全・車両省に対してモバイル運転免許証検証サービスを、住民向けとしてモバイル運転免許証ソリューションを同時に提供すると発表した。

 フロリダ州は、全米および国際基準に完全準拠したセキュリティー機能が搭載されたモバイル運転免許証を、米国ではじめて提供することになる。モバイル運転免許証は、米国自動車管理者協会と国際標準化機構の全米および国際基準を満たしており、米国各地だけでなく国外でも使用することができる。

 モバイル運転免許証は、スマートフォンやタブレットを含む多様なデバイスで簡単にアクセス可能。申請は2021年から開始する。所有者は年齢証明や運転資格証明としての身分証明にも使用でき、従来の運転免許証と同じ効力を持つ。また、強力な認証ツールとしても機能するため、フロリダ州住民はさまざまなサービス利用において、オンラインでの本人確認を安全に行うことができる。

 従来の運転免許証と同様に身分証明書として使用する際には、ユーザー本人が自身のモバイルIDアプリをアクティベートして必要な認証タイプを選択したうえで、モバイルデバイスを提示する。モバイル運転免許証の所有者は、常にモバイルデバイスを手元に所持しているため、非接触でも身分証明を行える。

 また、個人情報保護を強化するため、モバイル運転免許証の利用者は、アプリ上で表示する情報を状況に応じて選べるようになっている。たとえば、カジノに入るためには、本人が一定の年齢に達しているかという情報のみが必要となる。その場合は、モバイル運転免許証に年齢のみを表示し、氏名、誕生日、住所は非表示にすることができる。

【関連記事】
25年後の「自動運転車」市場は欧米・中国で1000万台超、日本は370万台との予測
Visa、Androidスマホだけでコンタクトレス決済を可能にする「Tap to Phone」を本格展開
「マイキーID?」意外と複雑なマイナポイントまでの道のり「内容把握している」14.1%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5