MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

おうちで手作りが楽しめる「うどんキット」、粉から打つタイプ、麺生地が届く時間短縮タイプも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/15 12:00

 コロナ禍で続く巣ごもり生活の影響もあり、このところ家族で美味しい料理作りができる商品が注目を集めている。なかでも「うどんキット」は、うどんをご当地グルメとする地域から販売されており、作っても、食べても満足できそうだ。

 うどん県・香川県には、瀬戸内うどんカンパニー(香川県三豊市)の「さぬきうどん英才教育キット」がある。同商品は1キット10食分(5食分×2セット)。小麦粉、打ち粉、専用醤油、いりこ、こんぶ、けずりぶし、麺棒、さぬきうどんワークブックなどがパッケージングされ、家族全員で付属のワークブックを参考に、麺やだし作りに挑戦することができる。麺の材料となる小麦粉は、昔ながらの腰の強いタイプと、つるつるでもちもちの現代風タイプが各5食分。完成後の味比べを楽しむことができるので、食育だけでなく、大人も興味を持てそうな要素を含んでいる。価格は7,920円(税込)。

 粉もの文化で有名な大阪からは、太鼓亭(大阪府箕面市)が販売する「太鼓亭うどん学校 お家で体験キット(4人前)」がある。こちらはすでに麺生地となっているので、時間を短縮できるのがありがたい。生地を伸ばして、切って、ゆでて、最後に冷水でもみ洗いしてぬめりを取り、ざるやぶっかけといった好みのメニューで召し上がれ。粉を打つところから始めるのはハードルが高すぎると思う人も、うどん作り体験が楽しめる。麺の特徴はもっちりふわっとした独特の食感だそうだ。価格は2,138円(税込)。

 埼玉県は、うどんの生産量が香川県に次ぐ全国2位のうどん王国。そんな埼玉県からは、山田食品産業(本社:埼玉県所沢市)のキット商品「手打ちうどんシリーズ第一弾 素うどん(4人前)」を紹介しよう。県民にとってはソウルフードとなるうどんメニューを提供するチェーン店「ファミリー食堂 山田うどん食堂」を展開する同社のキットでは、うどん玉状態となった麺の材料を踏んで、生地を伸ばし、切って、ゆでるという工程を楽しむことができる。うどんの玉(大人2人前×2玉)、つゆ、打ち粉のほか、麺棒、ビニールシート、修了証書、社長からの手紙も入って、価格は2,200円(税込)。今後は、きつねうどんや肉汁つけ麺、カレーうどんが予定されている。

 麺の太さが不揃いになっても、家族で作った美味しいうどんを囲めば、いつになく会話が弾みそうだ。

【関連記事】
「手延べ」で作られたおいしい麺、低糖質そうめんやトマトうどんなど
もうひとつの県名によるPR作戦、 「うどん県」や「おんせん県」に続く新たな動き
おうちで食べたい「袋麺」、懐かしの中華麺から新発売の「まぜそば」まで

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5