MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住宅ローンは「圧倒的に割安な保険」である。団信を徹底比較した新刊『まったく新しい住宅ローンの考え方』

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/23 10:00

 オンライン住宅ローンサービスを提供するMFS代表の中山田氏の新刊が、電子書籍として翔泳社から刊行されました。低金利時代の住宅ローンの考え方をわかりやすく解説しています。

「住宅ローンは早く返したほうがいい」はホント?

 「住宅ローン」選びは、将来を左右する大きなプロジェクト。それだけに「これでいいのだろうか」と思い悩む人が多いのが現状です。

 11月20日に、翔泳社から刊行された『まったく新しい住宅ローンの考え方』の著者である中山田 明氏は、オンライン住宅ローンサービス「モゲチェック」「モゲパス」などを展開しているMFSの代表取締役CEO。長く住宅ローン証券化に携わってきた中山田氏の考え方は、MONEYzineでも大きな反響を呼びました。

MFS代表取締役 CEO 中山田 明 著『まったく新しい住宅ローンの考え方(MONEYzine Digital First)本当に賢い人がやっている借金の活用法とは?』(翔泳社)

MFS代表取締役 CEO 中山田 明 著
『まったく新しい住宅ローンの考え方(MONEYzine Digital First)
本当に賢い人がやっている借金の活用法とは?』(翔泳社)

 「借金は早く返したほうがいい」と考える人は多いと思いますが、中山田氏は本書の中で「住宅ローンはもはや保険である。しかも圧倒的に割安な保険である。なので、できるだけたくさん借りて、返さない」と述べています。その背景には、住宅ローンを考えるときの2つの軸、「金利」と「団信」が現在どのような状況にあるかを理解する必要があります。

 本書の第1章は、中山田氏の住宅ローンについての考え方をインタビュー形式でお届けします。団信については本書の第2章で徹底解説。住宅ローンを組む人の多くが入る保険「団信」を6社の商品を比較しながら特徴を理解していきます。さらに、住宅ローンという金融商品が、どのような考え方のもとに設計されているものなのかを解き明かし、「住宅ローンは割安な保険」であるという言葉の意味を理解することができます。

 第3章では、住宅ローン金利についてのMFSの分析を紹介。新規借り入れを検討している人、借り換えを検討している人にも参考になる、金利の動向を把握することができます。

◎内容構成
1章 住宅ローン選びには2つの軸がある
2章 低金利時代は「団信」選びが決め手
3章 新型コロナと金利の話
付録 2020年10月の住宅ローン金利分析

 本書は電子書籍形式のみとなります。住宅ローンについて考えるときのガイドブックとして、ぜひ本書をお役立てください。

元プライベートバンカーが教える相続のキホン

Amazon その他


まったく新しい住宅ローンの考え方(MONEYzine Digital First)

著者:中山田 明
発売日:2020年11月20日
価格:500円+税

本書内容

「借金は早く返したほうがいい」という考え方は本当に正しいのか? オンライン住宅ローンサービスを提供するMFSの代表が書き下ろした、新しい住宅ローンの考え方。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

関連リンク

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5