MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

カンム、事業拡大でオフィス移転、従業員を2022年までに3倍に増員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/11/20 09:00

 「バンドルカード」を提供するカンムは、11月から恵比寿にある同じビル内で新オフィスに移転。新しいオフィスは211坪のフロアで、約100名分の執務スペースを確保。会議室3つに加え、60名程度参加可能なイベントスペースも完備している。

 また、現状30名強の従業員数を2021年に約2.5倍、2022年までに約3倍まで増員する計画。新サービスのリリースも控えており、エンジニアを中心に幅広く募集している。現状はリモートも可能な勤務体系となっている。

 同社が提供する「バンドルカード」は、Visaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードで、電話番号、生年月日を入力するだけですぐに登録、決済専用のカード番号を発行できる。利用にあたって年齢制限はないが、未成年者は保護者の同意が必要。アプリは250万ダウンロードを突破している。

 カンムは、フリークアウト・ホールディングス、セブン銀行との資本業務提携、Visaが提供する「Fintech ファストトラックプログラム」への参加などを通じて事業を拡大している。

【関連記事】
テクノロジー企業の成長率1位はオーストラリア「WithYouWithMe」、日本では「カンム」がトップ
Visaプリペイドカードがすぐに発行できる「バンドルカード」アプリ、200万ダウンロード突破
カンム、セブン銀行から11.3億円の資金調達、「バンドルカード」のインストール数は250万を達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5