MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

丸井グループ、エポスポイントで投資信託を購入できるサービス開始、広がるポイントの使いみち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/08 09:00

 エポスカードとtsumiki証券は、エポスカードの利用に応じてたまるエポスポイントで、投資信託を購入できるサービスを開始した。

 カードの利用者は、たまったポイントで資産形成が可能になる。対象となるのは、エポスカードの保有者で国内在住の20歳以上の人。利用の際には、tsumiki証券に証券口座を開設する必要がある。口座開設にあたっては、エポスカードの登録情報との連携によって、ほとんど入力なしで手続きを行なうことができる。

 このサービスを通じて、マルイ店舗やネットでの買物、月々の料金支払いでたまったエポスポイントを使って、tsumiki証券で取り扱う投資信託を購入できる。100ポイントから始めることができ、利用可能なポイント数に上限はない。また、好きな時に投資信託が購入できるようになっているため、月に1度、加算されたエポスポイントをまとめて投資することも、毎日100ポイントずつ、こつこつ投資することも可能となっている。

 tsumiki証券は丸井グループ100%出資の金融子会社で、2018年8月からサービスをスタート。エポスカードの会員数は、丸井グループが11月に行った2021年3月期 第2四半期の決算発表によると、カード会員数は713万人(前年比1%増)となっている。

出典:丸井グループ2021年3月期 第2四半期決算短信
出典:丸井グループ2021年3月期 第2四半期決算短信

【関連記事】
KDDIとauカブコム証券、Pontaポイントで投資信託が買える「ポイント投資」を提供
国内投資信託で「シャープレシオ」1位はレオス、信託報酬が最も低かったのはSBI
保有率トップは「国内株式投信」、20代の67%が「積立投資」を利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5