MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

S&P DJI、仮想通貨インデックスを提供へ、テクノロジーとビジネスのギャップを埋める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/09 10:00

 S&P 500などのインデックスを提供している米S&P Dow Jones Indicesは12月3日、米Lukkaと連携して、暗号資産(仮想通貨)のインデックスを提供すると発表した。

 2014年に設立されたLukkaはニューヨークを拠点として、仮想通貨の税金を無料で計算できるサービスや暗号資産の管理サービス、暗号資産のプライシングサービスなどを提供。ブロックチェーンデータの複雑さと、従来のビジネスニーズの間にあるギャップを埋める各種サービスを展開している。

 S&P Dow Jones Indicesは、ukkaの暗号資産のプライシングデータを活用し、S&P Dow Jones Indicesのブランドで、カスタマイズされたインデックスとベンチマークのソリューションを提供する。

 S&P Dow Jones Indicesが活用するデータのうち「Lukka Reference Data」は、6,000超のスポット資産と27,000のデリバティブをカバーし、ユーザーがLukkaにロードした取引に自動的に適用される。「Lukka Prime」は、公正市場価値にもとづいてデジタル資産をプライシングするサービスだ。

 新しい仮想通貨のインデックスを通じて、投資家はテクノロジー主導の新たな資産クラスにより簡単にアクセスできるようになるとともに、これまで投機的な要素の強かった仮想通貨市場に関連する一般的なリスクの一部を軽減できる可能性がある。

【関連記事】
GMOコイン、暗号資産取引の「法人口座」 申込受付スタート
コロナ禍で「暗号資産へ追加投資」4割、「インフレ対策」という声も
ペイパル、ビットコインなど暗号通貨の売買を可能に、2021年からは決済でも利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5