MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINE Payでの決済がチャットで簡単に、「LINE Pay 支払いリンク」正式提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/14 08:00

 LINE Payは、加盟店向け新サービス「LINE Pay 支払いリンク」を、12月10日、正式提供を開始した。主に中小規模の加盟店向けの新機能で、加盟店が支払い用のリンクを生成し、顧客とのやりとりの中で送信することができる。

 この機能は、申請した加盟店であれば、2021年7月末まで無料で利用可能。さらに、LINE公式アカウントとLINE Payを連携させることで、LINE上で接客から購入確定後の支払いまでを一気通貫したサービスとして提供可能になる。

 LINE公式アカウントと「LINE Pay」を連携すると、LINE公式アカウントの管理画面内でURLの発行・送信が可能となり、顧客が支払いを完了すると、加盟店側はLINEのチャット上で支払い完了を確認できる。

 「LINE Pay 支払いリンク」利用時の画面の流れは以下のとおり。加盟店のLINE公式アカウントのチャット画面で「お支払いリクエスト」を選択し、リクエストする商品・金額を選択してリンクを送信。受けとったユーザーが「支払う」をタップし、LINE Payで決済が行われて完了すると店舗側に通知が来る。

 「支払いリンク」のプロトタイプ版は7月に提供され、すでに2,000ブランド以上が導入。プロトタイプ版の利用申請業種として最も多いのが「ショッピング・小売」24%で、食料や飲料品、雑貨、インテリア用品、薬・化粧品、花・観葉植物、メガネ・コンタクト等の販売用途で申請があった。

 次にデリバリーやケータリングを含む「飲食・レストラン」16%となっており、オーダーを受けて店舗で調理したものを提供したり、回数券等の販売に利用されている。「生活関連サービス」12%は、クリーニングや悩み相談・カウンセリング、フォトスタジオ、不動産などが含まれる。

 「LINE Pay 支払いリンク」導入加盟店からは、「振り込みの場合、振り込み用紙を渡したとしても支払いをしてもらえないことが多く、催促や振込確認までに2週間ほどかかっていたが、支払いリンクですぐに支払い確認をして、最短即日配送が可能となった」などの声が寄せられている。

【関連記事】
Square、ネットショップを無料作成、実店舗の在庫・売上管理もできるサービスを提供
コロナ禍で飲食店のネットショップ開設が急増、「BASE」がオンラインセミナーで成功事例を紹介
新型コロナで「ECの利用頻度」が増加、ネット決済代行サービスも2ケタ成長の見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5