MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

コロナ禍はネットで投資の勉強、楽天の投資メディア「トウシル」が過去最多の2100万PV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/07 10:00

 楽天証券株のオウンドメディア「トウシル」の2020年12月の月間PV(ページビュー)数が過去最多の2,100万を突破した。トウシルの公式YouTubeチャンネル登録者数も41,000人超となった。

 「トウシル」は、経済・マーケットの解説や注目の銘柄・テーマの紹介だけではなく、マネープランの作り方や生活に役立つ情報など、投資や証券という枠にとらわれない情報を発信している。ページビュー増加の背景には、コロナ禍の在宅ワークや外出抑制を受けて、個人が自宅で情報収集に割く時間が増えたことなどがあるようだ。

 同サイトでは「老後資金不足」への不安が高まったことも影響し、長期の資産形成をテーマにしたコラムが多く読まれており、トウシルでは「積立」や「長期投資」、非課税などの税制優遇が受けられる「つみたてNISA」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」の情報を強化。また、昨年の新型コロナウィルスによるマーケット下落時には、各国の株式市場への影響や積立投資における波乱相場の乗り切り方など、顧客の不安を解消するコラムや動画を迅速に配信し、PV数を増やしてきた。

 また、楽天証券では取引を含めスマートフォンからのアクセスが増加しているが、「トウシル」でも約80%がスマートフォンから閲覧されているという。

【関連記事】
楽天証券、1月下旬に「CFD取引」スタート
楽天証券の証券総合口座数が500万突破、9月の米国株約定件数は前年比14倍に
新型コロナ「資産運用に影響あり」8割、24.3%が「資産を買い増し」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5