MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「貯蓄ゼロ」の20代は18.2%、貯蓄額は平均72万円、既婚者の貯蓄額が大幅増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/15 08:00

 SMBCコンシューマーファイナンスは、20歳~29歳の男女を対象に「20代の金銭感覚についての意識調査2021」を実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を発表した。調査期間は2020年11月6日~9日の4日間。

 全回答者1,000名に対し、毎月自由に使えるお金はいくらあるか聞いたところ、「1万円以下」(29.2%)が最も多く、平均は29,398円。「0円」は10.2%で、「1万円以下」(29.2%)と合わせた『1万円以下(計)』は39.4%となった。2019年12月に実施した前回の調査結果と比較すると、毎月自由に使えるお金の平均は638円増加(前回調査28,760円→今回調査29,398円)した。

 現時点でどのくらいの貯蓄ができているか聞いたところ、「50万円以下」(40.8%)が最多となり、平均は72万円で、「0円」は18.2%となった。前回の調査結果と比較すると、現在貯蓄できているお金の調整平均は19万円増加(前回調査53万円→今回調査72万円)している。

 婚姻状況別にみると、未婚者では14万円の増加(前回調査47万円→今回調査61万円)にとどまったのに対し、既婚者では56万円の増加(前回調査70万円→今回調査126万円)となり、既婚者の貯蓄志向の高まりが感じられる結果となった。

 また、有職者(633名)に、コロナ禍前と比較して残業時間が増えたか、減ったか聞いたところ、「非常に増えた」は5.5%、「やや増えた」は12.8%で、合計した『増えた(計)』は18.3%、「非常に減った」は10.6%、「やや減った」は10.1%で、合計した『減った(計)』は20.7%。

 副業の状況については、パート・アルバイトを除いた有職者(517名)に、副業をしているか聞いたところ、「している」は30.6%、「していない」は69.4%。前回の調査結果と比較すると、副業をしている人の割合は、前回調査43.1%→今回調査30.6%と、12.5ポイントの大幅下降となった。

 副業をしている人(158名)に、副業でひと月あたりいくらくらいの収入を得ているか聞いたところ、収入額の平均は6.3万円。前回の調査結果と比較すると、収入額の平均は前回調査7.1万円→今回調査6.3万円と、0.8万円の減少となった。

【関連記事】
世帯貯蓄額は平均1500万円を突破、「子育て終了層」が本格的に貯蓄
貯金目的1位は全年代で「生活費」、20代では「投資・資産運用」が18%
10代で貯金している人は58.3%、平均貯金額は13万円超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5