MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

お金のデザイン、第一種金融商品取引業をSMBC日興証券に承継

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/21 11:00

 AI搭載ロボアドバイザーによる投資一任運用「THEO(テオ)」を提供するお金のデザインは、2021年8月1日を効力発生日として、お金のデザインが行う第一種金融商品取引業にかかる事業を、会社分割(吸収分割)によってSMBC日興証券に承継させる。

 これによって、効力発生日以降、お金のデザインが行う第一種金融商品取引業にかかる顧客の証券口座および証券口座に関する権利義務をSMBC日興証券が承継し、口座管理業務はSMBC日興証券が受け持つ。SMBC日興証券はこれらの承継顧客および自己の顧客に対し、お金のデザインの「THEO」や「THEO+ docomo」をはじめとする「THEO+(テオプラス)」の提供を可能とするため、お金のデザインと連携する。

 お金のデザインの顧客のサービス内容や料金などに変更はない。また、この口座承継後は、SMBC日興証券が提供する株式やその他の金融商品の運用も可能となる。

 お金のデザインは、SMBC日興証券との機能分担によって、スキーム全体の最適化を目指し、テクノロジーを活用した次世代ウェルスマネジメント事業(投資運用業)に重点的に経営資源を分配する。

【関連記事】
お金のデザインの預かり資産が1000億円突破、ロボアドバイザーは770億円に
FOLIO、金融機関向けにロボアドバイザーを提供
ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の預かり資産が3300億円突破

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5