MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

目元を温める「アイマスク」あれこれ 素材が体温を吸収し、温めるタイプが主流

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/24 11:00

 目元を温める「アイマスク」が人気となっている。日常的に目を酷使する人にとっては、癒やしや疲労回復に活躍してくれるアイテムだ。最近は素材が体温を吸収し、目の周囲を温めるタイプが主流となっている。また洗濯も可能で繰り返し使えるものが多い。そんな中からいくつかご紹介したい。

 「G-TOUCH ピンホールアイウォーマー」は、医療目的で開発された炭100%の特殊素材を採用した一品。素材が体温を吸収して発生する遠赤外線で目元をじんわりと温める。さらに同商品は、メッシュ構造となっており視界を妨げない。したがって使用していても、読書やスマートフォン操作といったことも可能だ。その上、装着中はピンホール効果で細かい文字も見やすくなるという。多忙な日々の中で、ながら作業とケアの両方が可能で時間の有効活用にも役立ちそうだ。開発したのはジーンスレッド(佐賀県杵島郡)。価格は8,250円(税込)。

 「一般医療機器温熱用パック エクリア アイマスク+イヤーマフ」も体温を利用した温熱効果で温める。エレコム(本社:大阪府大阪市)が展開する同商品は、体温による温熱効果で目元や耳にある神経やツボを温めることで血の巡りを改善し、疲労や神経に筋肉の痛みを和らげてくれる。保湿性に優れた植物性炭素繊維をはさみ込む4層構造が温熱効果を生み出す仕組みとなっている。1日10分以上の使用で、次第にその効果を実感できるようになるという。価格は5,632円(税込)。

 「gruria(グルリア)」は、目元全体を包み込むワイド設計となっている。同商品も一般医療機器で、用いられているのは数種の天然鉱石でできた最新テクノロジー素材。この素材が人体に触れると、血流を理想的な状態へと導く遠赤外線作用と輻射作用が生じるという。商品化に尽力したのは、東海光学(本社:愛知県岡崎市)の女性だけの商品開発チーム、通称「女子開」。そのせいか髪に絡みにくい面ファスナー採用など、随所に使い勝手を考えた細やかなひと工夫も施されている。価格は5,940円(税込)。

 スマートフォンやパソコンを使う人はもちろん、そうでない人も寒い季節は目元を温めるとより一層癒やされそうだ。

【関連記事】
意外なグッズを使った呼吸法に注目!「ぴろぴろ~」が楽しいあのおもちゃ、応援グッズの応用など
歯ごたえも美味しい「キクラゲ」を使ったラーメンやデザート、栽培キットも
ペット関連市場、療法食・サプリ・オムツなど高齢ペット向け商品が堅調

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5