MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東証、APIで株価などの情報提供、2月から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/25 11:10

 東京証券取引所は、適時開示情報と株価(東証が相場報道システムから配信した後、20分以上経過した約定値段情報等)をWeb-API形式で配信するサービスを2021年2月1日から開始する。

 これによって、フィンテック系の会社による新たな投資関連情報サービスの創出、金融機関における業務プロセスのデジタル化、研究機関による分析業務の活性化などに貢献することを期待している。

 情報ベンダーなどが約定値段情報を外部配信する場合の料金体系に従量料金制を追加。約定値段情報を取得した銘柄数と頻度に応じて、利用料が決定される。申し込みサイトは、本年2月1日に開設予定だ。

【関連記事】
freee、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」とAPI連携
auカブコム証券、REST APIによる高速発注環境を個人投資家向けに提供
進まぬ企業のフィンテック導入、ブロックチェーン・APIに「関心ない」20%超

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5