MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

松井証券、「短期信用取引・短期信用プレミアム空売り・クロス注文」を提供

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/27 08:00

 松井証券は、2021年1月30日から株式の信用取引サービスを拡充し、新たに「短期信用取引」「短期信用プレミアム空売り」「クロス注文」の提供を開始する。

 同社は現在、信用取引について、返済期限が6か月の「制度信用取引」、原則返済期限のない「無期限信用取引」、デイトレード専用(返済期限が当日限り)の「一日信用取引」のサービスを提供しているが、株主優待の権利獲得などを目的とした「つなぎ売り」や、短期的な空売りを目的とした売建取引に便利な信用取引サービスとして、返済期限を14日とする「短期信用取引」を開始する。

 このサービスでは、無期限信用取引では売建取引ができない株主優待関連の銘柄を中心に、対象銘柄を選定。また、一般的に空売りすることが難しいデイトレードに人気の銘柄について、一日信用取引では「一日信用プレミアム空売り」を提供しているが、同社で在庫が確保できる一部の銘柄については、14日までの間、一日信用取引と同じ貸株料で売建を行うことができる「短期信用プレミアム空売り」を新たに提供する。

 「クロス取引」は、同じ銘柄の買い注文と売り注文を同時に発注し、同じ値段で約定させることを目的とした取引を指し、株主優待の権利取得や、信用取引の返済期限の繰り越しを目的としたロールオーバー等の取引に利用されるが、松井証券は、クロス取引の注文をWEB上の取引画面から簡単に立会外市場(ToSTNeT)へ発注でき、東証の取引時間中にもリアルタイムに約定できるサービスとして、「クロス注文」の提供を開始する。

 株主優待の権利取得を目的とした、いわゆる「つなぎ売り」は、現物取引の買い注文と信用取引の売り注文をそれぞれ発注するが、このサービスでは、これらを一度にまとめて発注でき、権利取得後の反対売買の注文予約を同時に行うこともできる。

【関連記事】
松井証券、「貸株サービス」の提供開始
マネックス証券「貸株サービス」拡充、信用取引利用者も貸株が可能に
楽天証券、1月下旬に「CFD取引」スタート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5