MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住信SBIネット銀行、2月下旬から海外送金サービス「SWIFT gpi」に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/01 08:00

 住信SBIネット銀行は2021年2月下旬から、国際銀行間通信協会(SWIFT)が提供する海外送金サービス「SWIFT gpi」への対応を開始する。

 外貨送金受取サービスの利用にあたっては、送金元の金融機関から資金到着後、住信SBIネット銀行から受取人宛に、「外貨送金お受取りに伴うお手続きのお願い」の連絡を送っているが、その連絡後における利用者の手続き期限が以下のように変更となる。

【変更前】
手続き期限は連絡の受取日から2週間以内

【変更後】
手続き期限は連絡の受取日から3日以内。ただし、3日以内の手続き開始後、手続きの不備などによって再度手続きを行う場合にはこの限りではない。

 利用者が3日以内に手続きを開始したことが確認できない場合や、再度の手続きが必要となった後に一定期間以内に利用者と連絡が取れなかった場合、資金使途の確認が十分にできない場合は、原則として住信SBIネット銀行に到着した資金を送金依頼人に返金する。なお、休日・祝日の都合によって、住信SBIネット銀行の確認は利用者の手続きから数日後となる場合がある。

【関連記事】
日本ユニシス、SWIFTの外国送金高度化に対応、沖縄銀行で着金連絡を自動化
京都銀行、日本の地方銀行として初めて「SWIFT gpi」採用
SWIFTと全銀協、日銀ネット経由で銀行間決済のエンドツーエンド追跡を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5