MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ミンカブ、「Kabutan(株探)米国株」を6月に提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/11 09:00

 ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、ミンカブ)は、株式情報サイト「Kabutan(株探)」の米国株式版「Kabutan(株探)米国株」を2021年6月22日に開始する。これまで日本国内の投資家は、米国株に投資する際に現地の一次資料に直接当たることが困難だったが、同社が蓄積してきたデータ分析、重要性の判定、コンテンツ自動生成のAI技術を用いることで、個人投資家が、日本株に対して行っている分析と同レベルの投資判断を行える環境づくりを目指す。

 米国株版も既存の日本株版と同様に、無料プランのほか、プレミアムプラン「Kabutan(株探)米国株Premium」も提供する予定。プレミアムプランでは、より速報性を高めたコンテンツや過去データなどの充実を図る。また、「Kabutan(株探)米国株」のサービス開始と同時に、日本株版プレミアムプランの価格改定を行う。その際、米国株版プレミアムプランと日本株版プレミアムプランとのバンドリングプランも導入し、日本株版と米国株版の両方を利用するユーザーには実質値下げを実現する。

 ミンカブは今後、日本株版「Kabutan(株探)」で提供中の以下のコンテンツの米国版を順次実装する。

2021年6月22日のサービス開始時の提供予定のコンテンツ:
個別銘柄情報、株価注意報、銘柄探検、ニュース、適時開示情報

2021年夏以降に提供予定のコンテンツ:大株主情報、投資テーマ情報

提供コンテンツ例:個別銘柄情報(決算情報)
提供コンテンツ例:個別銘柄情報(決算情報)
提供コンテンツ例:株価注意報
提供コンテンツ例:株価注意報

 また、米国株版においても日本株版と同様の投資テーマ情報を提供する。サービス開始時の取扱テーマ数は350程度を想定しており、日米共通のテーマについては日本株版と米国株版間の導線を用意する。

【関連記事】
楽天証券、米国株式の約定件数が前年度比11倍、「YouTube」を参考にする個人投資家が急増
人気記事1位は「米国株」、初心者が考え始めた2019年は「資産運用」「相続」に注目集まる
マネックス証券、米国株の最低取引手数料を無料に、ネット証券3社が横並び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5