MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

GMOクリック証券、1月のCFD売買代金トップは「日本225」「米国VI」「テスラ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/10 09:00

 GMOクリック証券は、2021年1月の同社CFD売買代金ランキングを発表。総合ランキングでは「日本225」が首位となり、「米国NQ100」「原油」が続いた。バラエティCFDランキングは「米国VI」が首位、外国株CFDランキングでは「テスラ」が首位となった。

【関連記事】
楽天証券、米国株式の約定件数が前年度比11倍、「YouTube」を参考にする個人投資家が急増
ネット証券の手数料無料化はETF・信用取引にも拡大、投資の初心者・経験者も注目
暗号資産のイメージは「ポジティブ」米国76%、日本22%、日米で対照的な投資姿勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5