MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

暖かさにこだわった「靴下」 総パイル製や保湿素材入り、重ね履きタイプなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/14 11:00

 少しずつ暖かい日が増えてきているものの、まだ冷え込む日も多い。手軽な防寒対策として実践してみたいのが、昔から健康にも良いとされている頭寒足熱スタイル。そこで、暖かさにこだわった靴下をいくつかご紹介したい。

 暖かいを表現する方言のひとつに「ぬくい」がある。コンテックス(愛媛県今治市)の「ヌクイクツシタ」は、商品名にその方言を採用した靴下。同商品は、最高級メリノウールとオーガニックコットン素材を混ぜて編み込まれたタオルのような総パイル。したがってチクチク感がなく、かかとからつま先まで足を優しくかつ温かく包み込んでくれる。さらに足首部分は二重仕立てで、まるで厚手のレッグウォーマーのようだ。お陰で足首がポカポカになり、寒さに強い仕様となっている。またクッション性もあるため、足の疲れの軽減も期待できるという。サイズはS(22~24センチ)とM(25~27センチ)。全2色。価格は両サイズとも2,420円(税込)。

 暖かさと肌触りを極めたのは、ドットジャパン(本社:東京都練馬区)が展開する「おとなシリーズ 足袋ソックス」。素材は京都・西陣の肌触り抜群のシルクに、沖縄産アロエベラの保湿成分を配合。また、2種の糸からなるオリジナル繊維「シルクモイスト」を使用している。履いた感触はふんわり暖かく、内側部分に付くシリコーン製モイストシート効果で肌もしっとりする。寒さとともに冬の大敵、乾燥による肌のトラブル対策にも活躍してくれそうだ。カラーは4色、サイズは伸縮性にも優れておりフリー。価格は1,980円(税込)となっている。

 ゲンナイ製薬(東京都千代田区)が手がける「ふゆのさらふわ かさねくつした」は重ね履きで暖かくなる。同社ブランドで「体感温度を2℃上げる」がコンセプトのプラスニドの新作となるこちらは、オーガニックコットン素材の直履き用5本指ソックスと、その上に履くカバーソックスのセット。1枚目と2枚目の靴下の間にできる暖かい空気の層が足を冷やさないばかりか、きめ細やかな編み方や5本指の採用で、高い保湿性や蒸れにくいという特徴もある。サイズは22~25センチ対応のワンサイズ。色は直履きとフットカバーソックスがきなりのセットと、フットカバーソックスのみ数量限定カラーのデニムの2タイプがある。価格は3,080円(税込)。

 冷えは万病のもとともいわれる。寒い日は暖かい靴下の恩恵にあずかって健康を維持したい。

【関連記事】
節電の冬、便利グッズでオフィスの寒さしのぎ USB接続の暖房機器が登場
目元を温める「アイマスク」あれこれ 素材が体温を吸収し、温めるタイプが主流
ユニークな「腹巻き」あれこれ おしゃれなデザインや腸活・姿勢保持の一品など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5