MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

コミットメントライン契約を公表した上場企業は185社、前年比4.6倍と急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/16 10:00

 帝国データバンクは、2020年1月1日から2020年12月31日までの適時開示情報から、コミットメントライン契約の締結を公表した上場企業を集計した。

 2020年にコミットメントライン契約の締結を公表した上場企業は185社で、前年(40社)比4.6倍と急増した。また、185社のうち新型コロナの影響への備えが理由であるとの記載があったのは108社。公表月別に社数をみると、5月(48社)が最多となった。

 185社のコミットメントライン契約の総額は3兆2,605億円で前年(4,610億円)比7.1倍となった。新型コロナへの備えを理由とした108社の契約金額は1兆6,677億円。契約額別にみると、「100億円以上300億円未満」(5.0%→18.9%)が急増、「10億円未満」(20.0%→8.6%)が急減した。

 業種別に社数をみると、「サービス業」が48社(構成比25.9%)で最多。次いで「その他」41社(同22.2%)となった。契約金額は「製造業」(1兆4113億円)が最大となり、次いで「その他」(6946億円)となった。

【関連記事】
早期・希望退職募集を開示した上場企業は93社、1000人超えは2社
コロナ禍で明暗、業績上方修正した上場企業は186社・構成比4.9%に
コロナ禍で上場企業の資金調達は総額9.6兆円、調達額上位10社のうち6社がコミットメントラインを利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5