MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ギフティとシルタスが資本業務提携、食品メーカーや飲食・小売業のマーケティングDXを支援

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/23 10:00

 eギフトプラットフォームを展開するギフティは、キャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリを運営するシルタスとの間で資本業務提携契約を締結し、シルタスが実施した第三者割当増資を一部引き受けたと発表した。

 ギフティは、eギフトプラットフォーム事業を国内外で展開。カジュアルギフトサービス「giftee」、eギフトやチケットを発行・販売する「eGift System」、eギフトを活用した法人向けソリューション「giftee for Business」、地域活性プラットフォーム「Welcome ! STAMP」の4サービスを主力としている。

 シルタスは、2019年3月にキャッシュレス決済連動型の栄養管理アプリ「SIRU+(シルタス)」をリリース。「SIRU+」は、繰り返し利用することで、食の好みをアプリが機械学習し、個人の食生活に合わせて最適な買い物を提案するヘルスケアアプリ。2021年1月末時点で6,000人の生活者がユーザー登録。システムを連携するスーパーなどの店舗は、大手小売・流通、ネットスーパー含め約100店舗、2021年末には全国1,000店舗での利用が可能となる予定。

 業務提携によって「SIRU+」のプラットフォームを活用し、生活者の属性によりフィットしたサンプリングなどのプロモーションを全国の小売・流通の店舗で広く実施する基盤を両社で構築する。また、実施結果から得られたデータの分析をもとに、食品メーカーや飲食・小売業のさらなるマーケティングDX推進を支援する。

【関連記事】
住友生命の健康増進型保険「Vitality」、イオンで野菜などを購入すると最大25%還元
オイシックス・ラ・大地がファンド設立、「食」のスタートアップへ数十億規模の投資
JCBとマネックス証券がアプリ開発、カード利用に応じて付与したポイントで株式投資

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5