MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天グループ、ビットコインなどを電子マネーにチャージして買い物で利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/25 08:00

 楽天ペイメントと楽天ウォレットは、暗号資産の現物取引サービスにおいて顧客が保有するビットコインなどの暗号資産を、楽天グループのオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージし、全国の「楽天ペイ(アプリ決済)」および「楽天ポイントカード」加盟店などでの買い物で利用可能とするサービスを開始した。

 ただし「楽天ウォレット」の証拠金取引専用アプリ「楽天ウォレットPro」で運用している暗号資産は「楽天キャッシュ」にチャージできない。

 対象となる暗号資産は、「楽天ウォレット」の現物取引サービスで運用可能な「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」。暗号資産からチャージできる「楽天キャッシュ」は、最低1,000円から最大100,000円(1か月累計)まで。チャージ後には利用者の「楽天キャッシュ」残高に反映される。

 なお、暗号資産のチャージにおいて、国内ではじめて取引金額に制限なく手数料は無料となる(注3)。これまで、「楽天ウォレット」で扱う暗号資産では、売却後に所定の手数料300円(税込)を支払うことで、銀行口座を経由して出金・利用することが可能となっていた。このサービスでは、「楽天ウォレット」の現物取引専用スマートフォンアプリ「楽天ウォレット」アプリ(以下「楽天ウォレット」アプリ)を通じて、手数料無料で暗号資産から「楽天キャッシュ」にチャージが可能となる。

 また、「楽天キャッシュ」にチャージ可能になったことによって、「楽天市場」など楽天グループの各種サービスのほか、「楽天ペイ(アプリ決済)」や「楽天ポイントカード」アプリ(注4)を利用して全国の街のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどでの支払いに利用できる。

 さらに、今春をめどに「楽天ペイ」アプリ上で簡単に「楽天ウォレット」アプリへアクセスでき、暗号資産から「楽天キャッシュ」へのチャージが可能となる予定です。「楽天ウォレット」の現物取引口座開設および現物取引専用スマートフォンアプリのインストールが必要となる。

 今回のサービス開始を記念して、2021年2月24日から2021年3月24日まで「暗号資産から楽天キャッシュへチャージで最大1,000ポイントプレゼント」キャンペーンを実施する。

【関連記事】
テスラ、ビットコインに15億ドル投資、近い将来ビットコイン決済も可能に
eワラント証券、ビットコイン相場を対象とするeワラントを発表
ペイパル、ビットコインなど暗号通貨の売買を可能に、2021年からは決済でも利用可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5