MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

1月の派遣平均時給はプラスも求人数は前年比2割減 一方、派遣社員の73%が「働き方に満足している」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/27 11:00

 ディップ株式会社は2月17日、運営する求人情報サイトに掲載された派遣・紹介予定派遣の求人広告データをもとに、1月の派遣時給データを発表した。

 三大都市圏(関東、関西、東海)の1月の派遣平均時給は1,475円で、前年同月比でプラス10円、前月比でプラス21円だった。エリア別の平均時給は、「関東エリア」(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)が1,562円(前年同月比4円増、前月比34円増)、「東海エリア」(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)が1,329円(前年同月比33円増、前月比1円増)、「関西エリア」(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県)が1,373円(前年同月比33円増、前月比5円増)で、三大都市圏の全てで上昇した。

 職種別の派遣平均時給は、「事務・オフィス系」が1,495円(前年同月比1円増、前月比変わらず)、「販売・営業・飲食・サービス系」が1,439円(前年同月比76円増、前月比19円増)、「工場・軽作業・物流・土木系」が1,246円(前年同月比41円増、前月比7円増)、「WEB・クリエイター系」が1,857円(前年同月比65円増、前月比117円増)、「IT・エンジニア系」が2,131円(前年同月比1円増、前月比75円増)で、いずれも前年同月比で上昇。他方、「医療・介護・研究・教育系」は1,397円(前年同月比14円減、前月比3円減)で、大カテゴリ6職種の中で唯一前年同月を下回った。

 なお、1月に掲載された派遣・紹介予定派遣の求人件数は約11万7,000件で、前月比では2.0%増加したものの、前年同月比では20.1%減の大幅マイナスだった。

 一方、エン・ジャパン株式会社は、同社が運営する派遣情報サイトユーザー5,538名を対象に、派遣で働く理由についてアンケート調査を実施し、その結果を1月27日に発表した。調査時期は2020年11月2日から 2021年1月4日。

 派遣の仕事を希望する人に派遣を選ぶ理由を複数回答で聞くと、「勤務時間や勤務地などの条件を選びたい」が49%(前年56%)で最も多かった。以下、「アルバイトやパートより時給が良い」が45%(同46%)、「派遣会社を通したほうが就業チャンスが多い」が29%(同31%)、「事務の仕事は派遣での募集が多い」が24%(同20%)、「副業・ダブルワークとして働きたい」が21%(同24%)で続いた。

 派遣の仕事を通じて叶えたいことを複数回答で聞くと、「普通に働いて生活できる収入を得たい」と「プライベートを充実させたい」が37%で最も多く、以下、「収入を得て家族を支えたい」(32%)、「仕事の経験・スキルを磨きたい」(27%)、「限られた期間・時間でできるだけ稼ぎたい」(26%)の順で続いた。

 また、派遣で働いた経験がある人に、派遣で働いて叶えられたことを複数回答で聞くと、「仕事の経験・スキルを磨くことができた」と「いろいろな仕事や職場を経験できた」が37%で最も多く、「普通に働いて生活できる収入を得た」(32%)が続いた。

 最後に、現在派遣社員として働いている人に働き方の満足度を聞くと、73%が「満足している」と回答し、「満足していない」の27%を大きく上回った。また、今後の働き方を聞くと、70%が「派遣で働きたい」と回答し、「派遣以外で働きたい」の29%を上回った。「しばらく働く予定はない」は1%。

 派遣で働く目的はさまざまだが、派遣で働いている人の満足度は高く、引き続き派遣で働くことを希望しているようだ。

【関連記事】
新型コロナ、派遣社員の10%が「会社都合で失業」、「就業時間や日数が減った」は36.5%に
9月の派遣平均時給は1,576円、オフィスワーク系は業務遂行レベルの高い経験者採用が活況
アルバイト時給は全国的に前年上回る、派遣・契約社員では「正社員との不合理な待遇改善」で昇給も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5