MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ネットプロテクションズがJCBから60億円調達、「後払い決済」で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/26 08:00

 ネットプロテクションズホールディングスは、JCBを引受先とする約60億円の第三者割当増資について合意した。今回の資金調達によって、JCBの出資比率は10.24%となる。両社は、国内外において拡大するBNPL(Buy Now, Pay Later=先に買って後から支払う決済)市場における事業連携を開始する。

 ネットプロテクションズホールディングス子会社のネットプロテクションズは、BtoC EC向け後払い決済を軸に2002年からサービスを展開。2019年度には主力サービスである「NP後払い」の年間流通総額は2,900億円、年間ユニークユーザーは1,450万人以上、サービス開始以来の累計利用件数は2億件に達している。

 一方、BtoB向け後払い決済「NP掛け払い」では、加盟企業数は約2,300社、年間流通総額は590億円、累計取引件数780万件を超え、企業の掛け売り業務すべてを代行する決済インフラとして成長している。

 今回の資本提携によって、JCBの加盟店ネットワーク、多様な決済ソリューション、高度なサービス運営オペレーションと連携し、「NP後払い」「NP掛け払い」に加えて、BtoC向けカードレス決済「atone」のサービス拡大を目指す。「atone」は、クレジットカード不要、スマホだけで翌月まとめて代金をコンビニで支払う決済サービス。

【関連記事】
MF KESSAI、「企業間後払い決済」と「ファクタリング」で累計取扱高200億円を突破
伊藤忠商事ら、Paidyに戦略的事業投資、早期にグループ会社化へ
JCBとマネックス証券がアプリ開発、カード利用に応じて付与したポイントで株式投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5