MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マネックス証券、投資初心者向けのオンラインラーニング「米国株コース」開講

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/19 09:00

 マネックス証券は、投資教育の中心的役割を担う組織として「マネックス・ユニバーシティ」を設け、投資初心者に向けた金融リテラシー向上のための活動を行ってきた。今回、マネックス・ユニバーシティにおいて金融リテラシー向上を目指す投資講座「マネユニ・アカデミー」を開講し、受講の申し込み受付を開始した。

 最初に開講する投資講座として「米国株コース」で、マネックス・ユニバーシティオリジナルの教科書を用いて、投資未経験者でも米国株投資を基礎から体系的に学べる内容となっている。講師は、グローバルリンクアドバイザーズ 代表取締役社長の戸松 信博氏と、マネックス証券株式会社 チーフ・外国株コンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ・シニアフェローの岡元 兵八郎氏。

(左から)講師を務めるグローバルリンクアドバイザーズ 代表取締役社長の戸松 信博氏、マネックス証券株式会社 チーフ・外国株コンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ・シニアフェローの岡元 兵八郎氏。

(左から)講師を務めるグローバルリンクアドバイザーズ 代表取締役社長の戸松 信博氏、
マネックス証券株式会社 チーフ・外国株コンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ・シニアフェローの岡元 兵八郎氏。

 「米国株コース」の教材は、教科書全15冊、WEB動画(30分~60分×全15回分)。受講料は7万5,000円(税込:8万2,500円)で、2021年5月31日の申し込み分までは4万9,500円(税込:5万4,450円)で提供する。

 教科書およびWEB動画の構成は以下のとおり。希望者は、まず体験講座(無料)を申し込み、WEB動画約80分を受講する。本講座の申し込み後に、教材を受け取り、本講座(WEB動画と教科書全15回)を受講した後、米国会社四季報と修了証書を受け取る流れになる。

【1時間目】 そもそも株式ってなに?
【2時間目】 米国株は、なぜ強い?
【3時間目】 米国の経済指標を知ろう
【4時間目】 米国会社四季報を使いこなそう
【5時間目】 財務三表で業績を確認しよう
【6時間目】 貸借対照表の見方
【7時間目】 損益計算書とキャッシュフローの見方
【8時間目】 チャート分析の基本を覚えよう~PART1~
【9時間目】 チャート分析の基本を覚えよう~PART2~
【10時間目】 テクニカル分析で売買のタイミングを計ろう
【11時間目】 相場サイクルの見分け方
【12時間目】 メンタルの管理方法
【13時間目】 活用できる制度、取引手法をおさえよう
【14時間目】 スクリーニング機能を利用した銘柄選び
【15時間目】 米国株の主要セクターと代表的な銘柄を知ろう

【関連記事】
ミンカブ、「Kabutan(株探)米国株」を6月に提供
楽天証券、米国株式の約定件数が前年度比11倍、「YouTube」を参考にする個人投資家が急増
マネックスグループ、コインチェックの暗号資産売買代金を公開、クリプトが収益の柱に成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5